両親のケアに疲れた…ストレス軽減のノウハウ

長い間親の看護と介助に携わっている人は、悩みを聞いてもらえる親しい人の不在が問題となっているケースがよくあります。これは同じ世代となると友達に似た境遇の人がそれほどいないことの他にも、親類交流などが少なくなっている状況も原因ではないでしょうか。貴方自身が看護と介助問題に臨んだ時、先ず専門機関に助言を請うようにするべきでしょう。専任のコンサルタント等を持たないなら、最寄りの介護予防支援事業所へ話すといいでしょう。公器なので、無料で相談可能です。看護・介助の不安が出てきたら、出来るだけ身近な方に相談するのがベストです。独力で全部収拾する、と言う使命感自体は素晴らしいものですが、やはり頼りに出来る知人が近くにいることはとても心強いものでしょう。心痛は日々蓄積させずに解決する事が肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です